保険加入を制限される

保険加入制限がある病気

痛風の人は医療保険に入れる?

痛風の方が医療保険に入れるかどうかは、発作の有無や現在の症状、尿酸値や服用中の薬によって異なります。痛みで歩けないほどの発作を起こす方は、関節だけでなく他の臓器にも尿酸塩が溜まっていると推察されてしまうために、合併症がおこりやすいと判断され、一般の商品には入りにくくなります。しかし、発作がなく尿酸値も薬できちんと抑えられているといった場合だと、一般の商品への加入が認められる場合もあります。もし、一般の商品の加入を断られた場合でも、限定告知型の医療保険に入れる場合があります。諦めずに、一度申請してみるのがよいでしょう。

医療保険に加入する時には、病気と診断されていたり治療中である場合きちんと告知しないといけないようです。告知義務があるのです。けれども、過去に病気と診断されても現在治療に通っていない場合など、告知はしない事が多いのではないでしょうか。痛風と言う病気があります。足の親指の付け根に激痛が起こる事で発症したことを自覚する病気ですが、しばらく薬を飲んでいると症状が消えるため、通院しなくなくなる人も多いのです。しかし治ったわけではなく、放っておけば合併症を起こすこともあるので怖い病気です。ですから、一度診断されていれば告知しなければならないのです。医療保険に加入後に発症したなら問題ないのですが、くれぐれも嘘をつかない事、それに保障を使わずすむように健康管理はきちんとしたいものです。

役に立つ情報

© Copyright 保険加入制限がある病気. All rights reserved.